×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



禰宜右延(ねぎ すけのぶ)


生没年:?〜1551
官位 :民部少輔・民部丞
居城 :不明
列伝 :大内家家臣。本姓高橋。山口多賀神社の大宮司。陶晴賢の謀反の際、義隆に従って大寧寺に赴き、義隆を守って討死した。子・言延は後に『言延覚書』を著している。
辞世は、『風荒み跡なき露の草の原 散り残る花もいくほどの世ぞ』

列伝に戻る